石井 裕子YUKO ISHII

2017入社 本部
総務部

採用担当として、就活生に藤田金屬の仕事の魅力をPR

総務部の採用担当として、新卒採用業務、中途採用業務を担当しています。応募者とのメールのやりとりや応募者情報の管理、就職サイトの掲載内容の管理・運用を日常業務としています。最近では会社説明会を担当できるようになりました。参加する学生さんへの日程連絡、資料作成、会場準備、そして学生さんの前でのプレゼンまで行います。学生さんへ会社の魅力を伝えるのは難しいですが、現在の採用業務のおかげで同期の誰よりも会社のことを知っている自信が持てるくらい成長できたと思っています。これから出会う多くの学生の皆さんに、「藤田金屬の役割」や「鉄鋼商社の仕事の魅力」について学生視点で発信していきながら、採用業務をもっと楽しめるようになりたいです。

大学の講義のアルバイトで養った“伝える力”

大学3年から4年の2年間、大学の講義にて、講師を補助するアルバイトをしました。同じ学科の下級生に対し、講師の代わりに疑問点に答えたりしましたが、相手の理解度にあわせて教える必要があるため、身近な物を例に挙げるなどさまざまな工夫をしました。また、人に何かを伝えるには、まず自分が理解していなければと思い、事前に講義の内容を勉強し直し、練習問題があれば実際に解いて計算手順を確認するようにしました。私が説明した内容を踏まえて質問に来る学生がいると、「ちゃんと伝わったんだな」と嬉しくなりました。このアルバイトでの経験は、採用担当として学生に会社のことや仕事のことを伝えるうえでも役に立っていると思います。

会社説明会やインターンシップを通して感じた“人の魅力”

東京の大学に通っていましたが、卒業後は新潟県内へのUターン就職を希望していました。東京は魅力的な場所ですが、人混みや満員電車には次第にストレスを感じていました。遊んだり、仕事をするだけなら良い場所だと思いますが、「暮らし」を考えるうえではやはり自分の生まれ育った場所、家族のいる場所が思い浮かびました。そして、せっかく地元へ戻るなら、地域社会への貢献度が高い仕事がしたいと思い、新潟のインフラやものづくりに携わる企業を探しました。企業選びの最後の決め手は「人」です。会社説明会やインターンシップを通して、採用担当の方だけでなく、さまざまな立場の社員の方とお話をさせていただき、会社の雰囲気の良さを感じました。インターンシップでは同行営業を体験し、鉄鋼を使ったものづくりの現場を直接見学させていただきました。このことも、会社の仕事を理解するうえで大変参考になりました。社会人になったいまも、自分が学生だったら何に魅力を感じるだろうと常に考えながら採用活動に取り組んでいます。

社会人になり、一人で完結する仕事はないと学んだ

私はもともとマイペースで、少し自己中心的ところがあります。社会人になった現在は、この自己中心的な考え方や行動が、仕事では通用しないことを痛感しています。どんな仕事でも自分一人で完結することはなく、周囲との関わりや、助け合いのなかで進めていきます。藤田金屬にはインストラクター制度があり、新入社員1人に対して指導・育成担当の社員が1人つき、新入社員のサポートを行います。1年目の私にもインストラクターの先輩社員がついていますが、その方からアドバイスをいただきながら周囲との連携を心がけて仕事に取り組んでいます。

お客様、職場、就活生から信頼を得るために必要なこと

お客様からの信頼や、同僚からの信頼を得られなければ仕事は成り立ちません。さらに私の場合は採用担当なので、就職活動をしている方からの信頼も大切です。信頼されるために、まず約束を守ることを心に留めています。一つ一つの約束をきちんと果たしていくことが、信頼を得る一番の近道だと思います。その約束を不足なく遂行するための段取り、特に準備と確認は念には念を入れて行っています。そして、周囲の人と円滑なコミュニケーションを行うための気配りや言葉遣いにも気をつけています。

採用担当は「会社の顔」、悔いのない進路選択をサポートしたい

目の前にある仕事を一つ一つ確実に覚え、やり遂げていくこと。その一つ一つの積み重ねが信頼に繋がっていくと思います。いま私は採用担当として多くの学生と関わっていますが、採用担当は学生が一番初めに出会う社員であり、「会社の顔」でもあります。私はまだ未熟で、きちんと会社のことを広報できなかったりすることもありますが、藤田金屬に少しでも興味を持ってもらえるよう、一生懸命取り組んでいます。採用担当としてだけでなく人生の先輩として、学生の皆さんが悔いのない進路選択をすることができるようにサポートしていきたいです。

就活生へのメッセージMESSAGE

就活生へのメッセージ

自分の行きたい方向が定まっていない人、何をしたいのか分からない人は、とりあえず動きましょう。立ち止まっていては何も始まりません。業界や会社のイメージにとらわれず、インターンシップや会社説明会などに参加して、その会社の人事担当者や社員の方と直接話してみてください。良い印象を受ける会社もあれば、そうでない会社もあるかもしれませんが、行動を起こさなければそれすら知ることはできません。いろいろな人と話すことで見えてくるものもあると思います。私は大学3年生の夏休みに、藤田金屬のインターンシップに参加しました。当時の私は自分の将来が想像できず不安を抱き、また初めてのインターンシップで緊張もしましたが、社員の方の親切で丁寧な対応とフランクな会話に、「こういう所で働きたいな」と感じたことをいまでも覚えています。ぜひ皆さんも、藤田金屬の会社説明会やインターンシップに参加してみてください。